オンラインお片付け体験レッスンはこちら

本:『運気を磨く』の感想★ちょっとネタバレ。スピ系ではなかった!

運気アップ本棚

こんにちは、shiho★です。

 

『”運気を磨く”の内容が知りたい』

 

『”運気を磨く”を読もうか迷っている。買うべきかな?』

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

✔️本記事の内容

  1. ネタバレあり。”運気を磨く”の大まかな内容

  2. 読んだ感想

  3. どんな人におすすめ?

  4. 読みやすさ、読むのにかかる時間

  5. ブックオフで買える?書店に売ってる?いくら?

 

この記事を書いている私は

運気アップに関する思考や行動について毎日インスタグラムで更新しています。

@shihoboshi.105

月にトータル10冊以上の本を読むことを習慣にしていて

読む本は「運気に関するもの・占い、スピリチュアル・片付け・ビジネス」がほとんどです。

 

スポンサーリンク

”運気を磨く”の大まかな内容。ネタバレあり。

 

概要

タイトル:「運気を磨く」心を浄化する三つの技法

著者:田坂広志

初版:2019.10.30

発行所:光文社


内容

著者の田坂さんは科学者。本書は科学の視点からみた「運を磨く方法」が書かれています。

運気をあげる方法について書かれた本といえば、一般的にスピリチュアルな分野が多い中、この本は現代の研究結果の全てが詰まった本というような感じで

かなり内容には説得力がありました。

例えば、”ポジティブなことを考えても幸せになれない理由”

これは、表層意識がポジティブでも潜在意識がネガティブに占領せれているため。

 

ここまではよくある話ですが

  • 人間というのはポジティブなことを考えると、同時にネガティブな思考も、もれなくついてくること
  • 過去に特別なトラウマがなくても、日々の小さな失敗や悲しみの感情がネガティブな思考の蓄積材料になっていること

など、潜在意識にネガティブが溜まりやすい仕組みが詳しく書かれていました。

またネガティブを取り除く方法についても記載されています。

本書の大きなテーマは「運気を磨く」ですが

それを解くにあたって、宇宙の仕組みや時間の仕組みなども詳しく解説されています。

最後の方には、潜在意識のネガティブを浄化する方法が紹介されており、どれも実践しやすいものばかりでした。

 

読んだ感想

実は、本書を買う3ヶ月前ぐらいからこの本の存在は知っていましたが、あえて手にはとっていませんでした(TT)

 

なぜか?

パラパラ見た感じ、内容が難しそうだったのと、難しい割に、目新しいことが書いてないような気がしたからです(すみません)

 

ですが、なぜかずっと気になっていて・・・

レビューを見てみると結構評価が良かったので、思い切って買ってみました。

結論、買ってよかったです!!!

私自身、これまで数えきれないほどの運気に関する本を読んでいます。

しかしながら、スピリチュアル系にあるあるなのは、結局どれも同じようなことしか書いておらず

運気をあげるための「行動」は教えてくれても

肝心の、その行動が効果があるとされる「理由」については教えてくれません。

もし教えてくれたとしても、「その方法で成功している人が多いから・・」とか、曖昧なものばかりでした。

 

世の中には「ポジティブ思考=善」とする本が多いですよね。

この本にも書いてあったのですが、巷に運気に関する本がこんなにも出回っているのに

本当に運を引き寄せられる人、幸せになれる人が限られている現実があります。

作者の田坂さんも疑問に思っていたみたいです。

そのため科学的に検証して、なぜポジティブ思考を取り入れても人間は幸せになれないのか?

これを、脳のメカニズム的な視点で教えてくれます。

 

特に個人的に一番興味深かったのは、「時間」に関する解釈です。

  • 過去・現在・未来は同時に存在している。
  • 未来は無数に存在していて、それを選ぶのは自分。だから運命は決まっていない。

みなさんの中にも、聞いたことのある方がいるかもしれませんが

それを科学的な視点で解釈しているのが本書の面白いところです。一般的な「運」に関する本とは一味も二味も違います。

 

どんな人におすすめ?

 

  • 運気とは何か?その本質が知りたい方
  • スピリチュアルを極めたい方
  • 宇宙の仕組みについて、現在の科学で分かっている部分はどこまでなのか知りたい方
  • ポジティブ思考を日常に取り入れても運気が上がらない方
  • スピリチュアルが苦手な方

 

読みやすさ、読むのにかかる時間

読みやすさ★★★★☆(4/5)

 

書店でパラパラみると一見難しそうですが、実際読んでみるととても読みやすくびっくりしました。

私の場合トータル3時間ぐらいで全てを読み終えることができました。

【結論→具体例】で書かれているので、見やすいし、興味をそそる書き方になっています。

痒いところに手が届く感じです。

 

表や絵はありませんが

科学的なことを書いている割にスイスイと読めるので(専門用語は一切ありません)著者の文章力には脱帽です。

 

ブックオフで買える?書店に売ってる?いくら?

 

私は月に4・5回はブックオフにいくブックオフマニアですw

「運気を磨く」は神奈川県内の2・3店舗で探しましたが、売っていませんでした。

通常の書店のほうが遭遇率は高いと思います。

定価820円+税です。


番外編。著者が本の中でおすすめしていた本

 

「運気を磨く」の中でもいくつか本が紹介されていたのですがその中で私が個人的に読んでみたいなと思った本を厳選してここに掲載しておきます。


この著書では、我々が、無意識に、自分の中の「隠れた人格」を抑圧し、「才能の開花」を妨げてしまう心理的プロセスを解き明かし、自分の中に眠る「様々な人格」を育て「多才な才能」を開花させている技法について語っている。

「運気を磨く」279ページ


この著者「ヴィクトール・フランクル」はユダヤ人で家族とともに強制収容所に入れられ、家族を亡くし、本人は殺される直前に生還した体験を持っています。
過酷な体験を踏まえた上で、人生で与えられたもの全てを肯定するという思想を語っている人物。
・・・どうしてそういう思想にいたったのか純粋に気になります。
タイトルとURLをコピーしました