2025年7月たつき諒さんが予言する大災難とは?私たちができること

風の時代の生き方

こんにちは、shiho★です。

皆さんはたつき諒さんをご存知ですか?

2011年3月の東日本大震災を予言したと言われる漫画家さんです。

たつき諒さんが描いた『私が見た未来』という漫画の表紙をよく見ると

”大災害は2011年3月”

と書いてあります。

 

(見えねーーーw)

 

この方が、今、新たな予言を公表していることが巷で話題になっています。

スポンサーリンク

たつき諒さんとは?

1954年12月2日生まれの元漫画家さん(1999年に漫画家を引退しています)

『私が見た未来』の内容はご自身が見た夢を元に形成されています。

ちなみに霊感はないそうですよ。

びっくりしたのが

私、完全に男と思ってたのですが女性です。(申し訳ない)

 

2025年7月の大災難を予言した書物

東日本大震災を予言したと言われる『私が見た未来』は既に絶版となっており

オークションでは高値で取引される状態が続いていました。

そんな中、22年の時を経て

『私が見た未来 完全版』が2021年に登場。

その中で、タイトルにもある通り2025年7月に大災難が起きると記されています。

 

2025年7月に具体的に何が起きるの?

少しだけ本文を引用します。

  • 日本とフィリピンの中間あたりの海底がボコンと破裂(噴火)
  • 太平洋周辺の国に大津波が押し寄せました
  • その津波の高さは、東日本大震災の3倍はあろうかというほど
  • その波の衝撃で陸が押されて盛り上がって、香港から台湾、そしてフィリピンまでが地続きになる

以上P82から引用

さて、以上を見て、あなたはどう思いますか?

 

私は、

え、こんなこと起きたら日本終わっちゃうんじゃないの!?

家族大丈夫かな(太平洋側の住人なので。自分も神奈川県民ですが)

あとは

それまでに津波来ないところに引っ越さなきゃ

などなど

割とガチで思いました。

 

大災害じゃなくて大災難

注目すべきは2025年7月の出来事は大災害ではなく大災難と記されていることです。

(東日本大震災の時は大災害でした)

 

たつき諒さんは本書の中で大災難と記したことについて

人為的な何か?なのかとも予想していました。

確かに

ミサイルとか核兵器が落とされることもなきにしもあらずです。

あんまり考えたくないですが、そっちの技術も確実に進歩しますよね~_~;

2025年7月以降の未来

本書の中では、2025年7月以降の日本の様子についても絵付きで描かれていましたが

その光景はとても輝かしく人々は活き活きとしています。

良かった…日本破滅じゃないようだね

この本が2021年に完全版として発行された理由

たつき諒さんは

2011年3月の予知は人々に届かなかったとおっしゃっています。

(人々の意識がまだその情報をキャッチできるレベルに到達していなかったとも捉えられます)

 

でも、今回は違います。

東日本大震災が本当に起きたことで、たつき諒さんの予知に注目する人が一気に増えました。

影響力を持った今、新たに予知を伝達することで

少しでも多くの命が救えるのではないかと考えたそうです。

今はまだ2021年なので、もし本当に大災難が起こるとしてもあと4年あります。

その4年の間にできることは個人〜社会レベルでもたくさんあるのではないでしょうか?

今、スピリチュアルの世界でもどんどん人間の意識レベルが上がっていると言われます。

見えない世界を見る人も増えましたし、そういうのに興味を持つ人も増えました。

『私が見た未来 完全版』に書かれていることは今だから、多くの人に伝わる情報なのかもしれません。

大災難が起きるとして…あなたはどうする?

『2025年7月 大災難』

この情報を知って、あなたはどんな行動を起こしますか?

例えば

☑︎防災グッズを本気で準備する

☑︎大津波が来たらどこに逃げるか確認する

☑︎家族や友人に伝える(怪しい人だと思われないように慎重に)

☑︎4年後に死ぬかもしれないと思って、今を全力で生きる(後回しにしていたことをやる)

☑︎日本海側もしくは海外に引っ越す

☑︎2025年7月のことを忘れないようにカレンダーアプリに書いておく

などがパッと考えられます。

 

情報を知っただけでは全く意味がないので、

何か一つでも次につながるようなアクションをあなたにも起こしていただきたいと思います。

 

また、

本当に起きたらどーーーーーーーしよーーーーー( ;; )

と悲観的になる人もいるかもしれませんが

まじで

悲観的になる必要は皆無です!!!!

 

悲観を選ぶのはあなたの自由ですが

本当に起きるとしても…

4年間悲観して過ごすことの何が楽しいのでしょうか?

_(┐「ε:)_

(口調キツかったらごめんなさい。でもこれは私からの愛です。)

 

4年もある!

4年あったら

あんなこともこんなこともできます。

 

2025年7月をドンと構えて迎えられるように

今、できる小さな対策をとってくださいね。

 

そして

本当に人間生きていていつ何が起きるかは分かりません

 

2025年7月を迎える前にポックリ逝ってしまうことも可能性としてはゼロではありません。

どんなに今若くて元気ハツラツでも

1日1日

一瞬一瞬

を大事に

笑って過ごしていただきたいです。

(自分にも言い聞かせてる←)

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

予知の詳しい内容は本で見てね

 

この記事を書いた人
shiho★

風の時代を幸せに生きるための知恵(運気アップ術・片付け術)など書いている湘南に住む32歳の♀です。
普段は片付けや掃除の仕事をしています。
趣味は読書、散歩、コメダ珈琲に行くこと。

shiho★をフォローする
風の時代の生き方
スポンサーリンク
シェアする
風の時代の教科書
タイトルとURLをコピーしました